文章番号:30160

指導の実際

3.授業の展開例

1.展開例の概要

本資料で示した展開例は次のようである。

教科等 指導内容 題材名
中学校
特別活動
1)意志決定 「合理的に行動選択をしよう」
2)ストレス対処 「この気持ち、どうしたらいいの?」
3)自己主張的コミュニケーション 「もし友達からシンナーをすすめられたら」
高校
特別活動
(ホームルーム活動)
1)意志決定 「自分自身で行動を選択をしよう」
2)対人関係 「もし友達から薬物乱用をすすめられたら」
3)セルフエスティーム 「自己実現のために」
4)ストレス対処 「ストレス対処スキルを身に付けよう」

(なお、教科「体育」・「保健体育」における展開例については、現在新学習指導要領に応じたものを作成中です。)

2.展開に当たっての留意事項

  1. ここに示す展開例を参考にしながら、各学校において指導上必要と考えられる内容を選択し、工夫すること。
  2. 展開例は、基本的には1単位時間の指導例として示しているが、各学校の状況や地域の実態、生徒のレディネスを考慮して内容を追加・削除するなどし、より適切な指導を行うこと。

MENUへ次へ

日本学校保健会トップページへ