文章番号:30084

CD-ROMのご紹介

文章番号:30083

このゲームの特徴

薬物乱用防止教育の内容が、高校生でも楽しめるようなゲームの形となっています。

生徒は、楽しくプレイしながら、薬物に関する知識や考え方を身に付けることができます。ゲームをクリアするのには、2時間から3時間かかりますが、途中でセーブして(ハードディスクにもフロッピーディスクにもセーブ可能です)中断することが可能ですので、様々な形や時間枠で使用することができます。単に薬物の身体への害だけでなく、薬物に手を出す人の心の問題や薬物を資金源にする組織の存在など心理的・社会的な問題も掘り下げています。また、ゲームの中のロールプレイバトルモードでは、薬物を勧める圧力などに対して,正しい知識と考え方で対抗する練習ができます。これらのことは、薬物乱用に関する総合的な理解と薬物を勧める社会的な影響力に適切に対処する力を求める新学習指導要領保健体育科・科目保健の内容に準拠しています。

ゲームの中で得た知識は、ホームページモードのコンテンツに反映され、最終的には、ホームページがミニ薬物事典として完成されます。ここで作られたホームページは、ゲーム終了後にいつでも閲覧することが可能になります。


ストーリーの紹介

青風高校に通う葉月ヤヨイの所属する青風高校メディア研究会では、高校生が直面している様々な問題を取り上げた特集ホームページを作成し、好評を得ている。

次回の企画である「高校生の薬物乱用防止特集」の取材中に、ヤヨイの親友でありメディア研究会主力メンバーの霜月カンナが一通のメールを残し、行方不明となった。不安を感じたヤヨイは、彼女の家で、カンナのパソコンから「M」という匿名の人物からのメールを発見する。そのメールの内容を手がかりに、カンナの足跡をたどろうとするヤヨイ。

そこへカンナから再び「私のことは心配せずに、薬物乱用防止に関する取材を続けてください。」というメールが届く。ヤヨイはカンナのことを心配しながらも、カンナのメールに従い、薬物乱用防止特集ホームページ作成のための取材を続けることに・・・


各モード紹介

ストーリーモード

このソフトのメインモードです。ストーリーを追いながら、様々な場所を探索し、会話をすることで「知識」「勇気」「愛」のカードを手に入れることができます。手に入れたカードを使って誘惑者とのバトルに勝利すると、さらにストーリーが進んでいきます。

ホームページモード

ストーリーモードで探索した内容をまとめたモードです。探索が進むにつれて、内容が追加されていきますので、完成度100パーセントをめざして探索を進めてください。

ロールプレイバトルモード

ストーリーモードのロールプレイバトルのみをプレイするモードです。ストーリーモードに登場した誘惑のキャラクタが次々と登場してきますので、相手のセリフをよく理解し、正しい選択を行って勝ち進みます。このモードは途中で「気力」の回復ができませんので、気力がなくなった時点でゲームオーバーとなります。


主要キャラクター紹介

葉月 ヤヨイ

8月3日生まれ(しし座)
青風高校2年

メディア研究会の部長でありこのゲームの主人公。その強気な性格でメディア研究会をまとめ上げ、リーダーシップを発揮している。
誘惑に負けない強い意志と正義感で、今回の薬物乱用防止の特集に取り組む。

霜月 カンナ

11月10日生まれ(さそり座)
青風高校2年

高校2年生にしてパソコンの達人。
セキュリティに関してはすでにマサチューセッツ工科大レベルだとか・・・。
メディア研究会では主に取材内容をHPにする役目を担っている。

野上 刑事

青風警察署生活安全課少年係(警部補)

猪突猛進タイプでおっちょこちょいなところもあるが、いざという時には頼りになる大人代表。まじめで情熱的な面があり、後輩の面倒見もよく、市民の相談事にも親身になってくれる熱血刑事さん。