文章番号:10109

TOPICS

学校保健最新情報

日本の子どもの数(15歳未満人口)
平成12年「こどもの日」にちなんで:総務庁統計局

  1. 子どもの数は1,858万人、総人口の14.7%で、戦後最低
    平成12年4月1日現在の子どもの数(15歳未満人口)は1,858万人で、前年より30万人減少した。
    男女別では、男性が952万人、女性が906万人で、男性が女性より46万人多く、女性100人に対する男性の数(性比)は105.1となっている。
    総人口に占める子どもの割合は14.7%で、前年より0.2ポイント低下し、前後最低となった。
  2. 乳幼児、小学生、中学生別人口
    子どもの数を未就学の乳幼児(0~5歳)、小学生の年代(6~11歳)、中学生の年代(12~14歳)別にみると、それぞれ715万人(総人口の5.6%)、734万人(同5.8%)、409万人(同3.2%)となっている(表1)。

    表1 年齢3歳階級別こどもの数(平成12年4月1日現在)

    これを〈年齢3歳階級別〉にみると、中学生の12~14歳が409万人(総人口の3.2%)と最も多く、次いで小学校高学年の9~11歳が376万人(同3.0%)となっており、以下、6~8歳及び3~2歳が358万人(同2.8%)、3~5歳が357万人(同2.8%)とほぼ同数になっている。(図1)

    図1 年齢3歳階級別こどもの数

  3. 子どもの割合は年々低下
    子どもの総人口に占める割合は、第1次ベビーブーム期(昭和22年~24年)以後の出生児童の減少を反映して、昭和20年代後半から低下し、31年には32.6%で3分の1を、41年には、24.8%で4分の1を下回った。
    その後、子どもの割合は、昭和40年代後半には、第2次ベビーブーム期(昭和46年~49年)の出生児童の増加によりわずかに上昇したものの、50年代に入って再び低下し、63年には19.5%で5分の1を下回り、その後も低下が続いている。
    子どもの割合(平成11年10月1日現在推計)を都道府県別にみると、沖縄県が20.0%で最も高く、東京都が12.6%で最も低くなっており、その他の道府県は14~16%台となっている。
  4. 子どもの割合は諸外国に比べ低水準
    我が国の子どもの割合を諸外国と比較すると、調査年次に相違はあるものの、イタリアに次いで低い水準になっている。なお、人口増加の著しいインド、インドネシア、ブラジルではそれぞれ37.2%、33.9%、31.1%と我が国の2倍以上の高い水準にある。(表2)

    表2 諸外国におけるこどもの割合


戻る 進む
日本学校保健会トップページへ